高級品市場 数珠 真言宗 桑 茶水晶仕立 尺2 利休房-数珠

オフィシャルサイトへ




真言宗用の正式なお数珠(本連数珠)です。
2つの親玉それぞれから2本ずつの房が出ているのが真言宗用数珠の特徴です。よく、数珠の玉は108個・・・と言われますが、それは主玉 (一番数多く入っている玉)のことで、それ以外に四天王玉や親玉、弟子玉などがありますのでトータルでは108個よりもずっと数多くなります。
この商品は主玉と弟子玉に桑の木を使っています。
桑の木独特の木目と色合いで根強い人気が有る素材。
【親・四天・つゆ】には茶水晶をいれ、利休色の利休房で仕立てました。
黒い背景は電球照明、白い背景は蛍光灯照明での撮影です。
利休房は鞠のように編んでありますので従来の毛の出ている菊房に比べて強度が勝ります。最近はこのタイプの房が主流になってきています。
尺2のサイズは通常男性に多いサイズですが熱心な方は女性でもこれぐらいのサイズを用いられる方もおられます。

ピンと張った場合の
親玉から親玉までの長さ
主玉直径 親玉直径 重さ 備考
約40.5cm 約8.6mm
(腹部分)
約14.2mm
(腹部分)
約41g 桐箱入
(メール便は紙箱)

真言宗のお数珠の玉数や配置、各部の名称などをご覧ください。

【この数珠を修理する場合のページのご案内】↓
中糸(環の部分に通してある糸)
が切れた場合

(数珠修理)
中糸通しのみ尺2までサイズ
房部分を破損した場合
(親玉から先、弟子玉が通してある部分など)

(数珠修理)
真言宗本連利休房 尺2